四谷駅前再開発事業

魅力ある商業区画について学ぶ

2017年11月09日

11月7日(火)に商業区画床の権利者の皆さまを対象に、勉強会を開催いたしました。
といっても実は勉強会開催は3度目。一度目は丸の内や飯田橋の再開発施設を見学、二度目は意見交換を行い、商業区画の「賑わいがあり一体感のある空間づくり」について理解を深めていただきました。

第3回のテーマは、「デザインガイドライン」です。
お店をつくる際、店舗のデザインやサイン(看板等)を考える必要がありますが、同じフロアにあるお店のそれらがばらばらだったらどうでしょうか?
例えばすごくシックで大人の雰囲気のお店の隣に、派手で明るいお店があるのは違和感を感じませんか?
そういったことがないように、一定のルールのようなものを決める必要があります。

勉強会では、UR側で検討した、ファサード(お店の正面デザイン)の種類や店舗名称サイン、照明の明るさ等のガイドラインについてご説明しました。
当日は質疑応答等もありつつ、今後は権利者ご自身がお考えになる店舗デザインと照らし合わせて、URが提示したガイドラインにご意見をいただくことになります。
たくさんの人に来ていただける商業区画を目指して、日々権利者の皆さまにも知識を深めていただいています。



勉強会は今後も継続予定です!楽しい商業区画になることを思い浮かべながら権利者様、URともがんばります!


この記事のカテゴリ:
この記事のURL:/yotsuya/2017/mm0p5l00000002kp.html