四谷駅前再開発事業

権利者の皆さまが参加した現地見学会

2017年11月22日

1116日(木)、権利者の皆さまを対象とした現地見学会を開催いたしました。
昨年9月に工事が始まってから初となる見学会で、約30名の方にご参加いただきました。

まず初めに、URから事業の概要や進捗を説明。現在行っている工事の中身や山留や掘削の工法について詳しく説明いたしました。
専門的な話もある中で、皆さん大変熱心に説明に聞き入っていらっしゃいました。


次はいよいよ現地見学です。重機等の騒音の中でも説明が聞き取れるインカムとヘルメットを身に着けて出発。
初めに工事事務所2階から現場を俯瞰し、鉄筋が細かく組まれている様子をご覧いただきました。




現場に降りてからは、山留のあとや耐圧盤等をご覧いただき、地下部分で行われてきた様々な工事について理解を深めていただきました。


最後に事務所棟の一部を再現したモデルルームのようなものも視察します。
カーペットや壁、窓など内装を細かく見ていただき、事務所内部がどのような仕様になるのかを確認しました。


地下の工事を見るだけでなく、このような原寸のサンプルを見たり体感したりすることで、建物完成への期待も膨らむのではないでしょうか。

これからも権利者の皆さまを対象とした現地見学会を開催予定です。
次もぜひたくさんの方にご参加いただければと思います。




この記事のカテゴリ:
この記事のURL:/yotsuya/2017/mm0p5l00000002py.html