UR都市機構

京都・奈良エリア STAFFブログ オススメ情報

【第3話】 UR桔梗が丘第一団地お宅訪問 〜これぞNatural DIY。。。〜

2017年10月16日

Kikyogaoka blog 015

ついに最終第3話公開!!
UR職員蓼原が、桔梗が丘第一団地にお住まいの方にお宅訪問!
「やりすぎないDIYer」である鈴木さんのインタビュー記事です。
■もし住んでみたら、どんな暮らしになるの?
■DIYってどんな感じにしてるの?大変そうじゃない?
■桔梗が丘第一団地に住んで感じた長所・短所は?
などなどイメージできるかと思います!!



—お気に入りの、敷くだけユカハリタイル—

蓼原: 入居者プレゼントのユカハリタイルもきれいに敷いてくださってます。
鈴木: これが欲しいから入居決めた!と言ってもいいくらい気に入ってる。置くだけでグッとナチュラル指数が100くらい上がるね!まさにプチDIY。4畳半分とのことだけど実際は7畳分以上あるのが嬉しい誤算。ぴっちり敷くのは、切るのが面倒なのでとりあえず真ん中に敷いてみた。裏にラバーがあってずれないのもいいね。入居してまずやったのがコレ。ほんと敷くだけ。
蓼原:ほんと、敷いてるだけなので簡単ですよね。これなら誰でも実践できますね。
鈴木:次に別のところに引越しをしても使えるように、カットしないで部屋中央にカーペットのように敷いているんだ。そして、俺のお気に入りは、この上でボードに乗って運動すること。見るかい?


蓼原:すごくうまいですね!ユカハリタイルがスタジアムに見えました(笑)!!

—これぞNatural DIYってやつか—

蓼原:家具が少ないですが、所々に竹でDIYされていますね。

 


鈴木:山で切ってきた竹をハンガーかけにしたりのれん掛けにしたり。こういうテイストが好きなんだ。ざっくりと。この部屋にもそれが合ってる。
蓼原:まさにDIY!もともと普通の「和」の押し入れでしたが、リノベーションで白く塗って、白いクロスも貼りました。「見せる収納」をねらったわけですが、うまく使っていただきありがとうございます。


鈴木:奥行が広いので手前にPC、奥に本、上に服。と。これしかないだろ!って感じ!
蓼原:これがNatural DIYですね。DIYというと気負ってしまいがちですが、このように必要に応じてちょっとずつやるのが真の姿かもしれませんね。
鈴木:そう言ってもらえると嬉しいね。「やりすぎないこと」って大事だと思うよ。閉じた空間なら中をより良くしたいと思うかもしれないけど、ここは「外の景色も込み」の空間だから、そんなに改造がいらないんだと思う。うーん褒めすぎ?
蓼原:ありがとうございます。
蓼原:これは苔?ですか?それと・・・骨?





鈴木:沢からもってきた苔。ふわふわでしょ。そしてやはり沢で拾ったシカの角。
蓼原:Natural&Wildですね!でもたしかにオシャレです!
鈴木:バルコニーの植木鉢の植物たちも、山などでとってきたものや土から自然に発芽したもの、食べ終わったものの種から発芽したもの。アボガド、トマト、エゴマ、パパイヤ・・・



蓼原:すごいですね!やはりNatural DIYです(笑)!!
蓼原:本日はありがとうございました!!「やりすぎないDIY・勉強になりました。」
鈴木:え?もう帰っちゃうの?(笑)
【おわり】
【第1話〜これぞNatural DIY。。。〜】
【第2話〜これぞNatural DIY。。。〜】
【第3話〜これぞNatural DIY。。。〜】
 


-------------------------------------------------------------------------
HP: http://www.ur-net.go.jp/kansai/kikyogaoka/index.html
ブログ: https://blog.ur-net.go.jp/keina_area/category/kikyogaoka.html
FB: http://m.facebook.com/kikyogaoka/
-------------------------------------------------------------------------


この記事のカテゴリ:☆桔梗が丘特集☆
この記事のURL:/keina_area/2017/q1svlm0000002hqn.html

メニューを閉じる

ページの先頭へ