UR都市機構

四谷駅前再開発事業

安全祈願祭が行われました

2017年10月30日

台風が過ぎ去り、秋晴れではありますが、木枯らし1号が吹いた本日。
突風の中、現場では安全祈願祭が行われました。

四谷の須賀神社から神職の方に来ていただき、工事の安全を願います。
着工から行ってきた地下掘削工事が終了し、これから建物躯体工事が始まるのを前に実施。
URを含め、大成建設や作業員の皆さま方およそ70名が出席、各社代表3名と神職の方がそれぞれ玉ぐしをささげました。


1年間かけて行ってきた地下掘削工事が本日をもって無事終了。
いよいよ建物本体の工事に入ります!
工事2年目も安全に配慮し、進めてまいりますので引き続きご協力をよろしくお願いいたします。


この記事のカテゴリ:
この記事のURL:/yotsuya/2017/mm0p5l00000002hp.html

メニューを閉じる

ページの先頭へ